/* CSS読み込み高速化 */

ギガ通信時代のスマホガジェットでRoot化やSIM解除を試したりとAndroidに関する技術情報をご提供!(旧名:ガジェット痛信)

NewS

2012年8月26日日曜日

ブログネタ一発目!「ロースト大豆(バーベキュー味)」のレビューからスタート!ュー味)を買ってみた♪

はい、こんにちは~!
一発目のネタがブログの趣旨と全く違う投稿からスタートするギガホン!です。

よし!ブログを書こう!っと一念発起したものの、ぶっちゃけいきなり書けるモノがある筈もなく、ここはおつまみのレビューからスタートしてお茶を濁したいと思います(笑)


top_00001

購入した経緯

今回レビューするのは、ドン・キホーテで見つけた「ロースト大豆(バーベキュー味)」です。

a00001_ロースト大豆_01

このロースト大豆はたまたまドンキに行った時、夜のおつまみになるような物がないかなぁ?と思い食料品コーナーを覗いた時に見つけました。

おつまみ用の大豆と言うと、よく販売されているのは単純に大豆を煎っただけの煎り大豆ばかりが想像できるのですが、これは更にひと手間として「バーベキュー味」を付けた物だったので個人的に珍しさを感じてしまい、気がついたらレジで会計していました。


一応、購入前に原産国をチェックする癖があるので裏面を見てみると、この商品はどうやらアメリカ産の大豆を使用しているようです。

a00001_ロースト大豆_02

使われている大豆には「非遺伝子組み換え」と表示されており、パット見で遺伝子組み換え物かな?と、一瞬勘違いしそうになりました。

分かりやすいように「遺伝子組み換えではない」と表記されてた方が分かりやすいですね。

そういえば、現在の遺伝子組み換え食物自体の体への悪影響や環境負荷はどうなったのかな?と小難しく考えてしまったので調べてみると、メリット・デメリットがあるのは変わらず「今後も検証が必要」なようですね。

遺伝子組み換え大豆については以下が参考になりました。

「遺伝子組み換え」の安全性とは? なぜ賛否両論を巻き起こしているのか | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」

大豆やとうもろこしなど、さまざまな作物で行われている遺伝子組み換え。国内ではいまだ懸念の声が強い。そこでこの記事では遺伝子組み換えの概要に触れつつ、賛否両論を巻き起こす理由について解説しよう。

原材料や栄養成分表

商品名:ロースト大豆(バーベキュー味)
価格:98円
内容量:300g
販売場所:ドン・キホーテ

原材料

栄養成分表(100g当たり)

大豆(非遺伝子組み換え)
大豆油
食塩
乾燥トマト粉末
糖蜜
玉ねぎ粉末
トラル酵母
ガーリック粉末
カロチノイド色素
エネルギー 496kcal
タンパク質 34.9g
脂質 25.7g
炭水化物 31.3g
ナトリウム 453mg
食塩相当量 1.2g


a00001_ロースト大豆_03

フライドポテト並みに調味料が使われているのは珍しい。

味付き豆系はピーナッツを使ったものは種類が多いですが、大豆でここまでしっかりと作られているのを買ったことが無いのでこれは楽しみです。


実食レビュー

では早速実食レビューを行いたいと思います。

まず、ひとくち食べてみると食感は普通の大豆なのですが、味についてはポップコーンのバーベキュー味の様で、濃い目な感じが豆好きとしてはGOOD!

これはTVを見ながらおつまみとして摘むのにいい感じですね♪

ただ、やはり乾燥大豆なので口が乾く乾く・・・ので、飲み物と一緒に頂くのがベストです。


まとめ

止まらないやめられない!

ウマウマ( ´・ω・`  )ボリボリ

0 件のコメント:

※不適切コメントについて:誹謗中傷宣伝等は事前通知無く削除致しますのでご遠慮下さい。
※Twitter風絵文字入力対応:🤣🤔😳💖📲🔰

コメントを投稿

Post Bottom Ad

Sponsored Links

ページ